【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

実質実効為替レート、プラザ合意以来の水準

日銀が発表した4月の「実質実効為替レート」は96.9とプラザ合意(85年9月に94.8)以来の21年ぶりの水準まで円安が進んだのだそうです。
 
ドル円ばかり見ているとそれほどでもない感覚になってしまいますが、他の主要通貨をと比較すると2001年以降一貫して下がり続けています。
 
対ユーロ、対オージー、対キウィ、対ポンドとチャート見てみましたが、ものの見事に一方的な円安チャートになっています。国力の衰退を感じるのは私だけでしょうか?
 
米ドルも対主要通貨では対円同様一方的なドル安になっておりますが、円はドルに対してすらも安いですね。日本が膨大な財政赤字をなんとかしない限り金利は上がられないでしょうし、なんとかするにはインフレでもくるしかないかもしれません。
 
インフレが来れば当然円の価値は下がり続けます。この状況が続く限り、長期的にはさらなる円安になっていく可能性があります。そのリスクに対策を講じるにはやはり資産は外貨で持っておくということでしょうか?
 
(2007/5/7) 
 

円安進行とプラン変更

円安の勢いは止まるところを知らず、ジリジリと安くなっています。
ドル円ですら120円、クロス円はちょっと恐ろしい水準になって来ていますね。
 
ここのところ忙しくて書き込む暇もなかったのですが、その間にいつの間にか含み益もぐんと膨らんでしまいました。こんな水準になると強気になるのが、人の心理というものですが、テクニカルにはかなり熱くなりすぎているところ、そろそろ調整が来てもいいような位置にきています。
 
だからといって、クロス円はこれだけの金利差があるわけで、ちょっと押し目を作ると円キャリーと思われる買いが入るため、なかなか底堅いという印象です。
 
スワップは毎日入って来て証拠金は増えるし、含み益は膨らむしで、精算価値も3300万円くらいまで来ています。私がFXにつぎ込んだお金は1400万円くらいですから、確定+含み利益は通算で1900万円にもなった計算です。
 
もうここまでくるとレバレッジは実質3.7倍、かなり安全な水準となってきました。含み益を除いたレバレッジは6倍強ですが、どのポジションもお宝ポジションとなりました。
 
先日までトレーリングで売り上がっていこうとは思っていたのですが、やはりやめることにしました。たらーっ(汗)今のポジションだけで十分な利益を得ているわけですから、ここまでのポジションは長期ホールドとして、トレードは別なポジションから再スタート、これを自分なりのトレーニングと思って、別ポジションからさや取りで稼ごうと思います。
 
なんでって、思われるかも知れませんが、もともとの購入プライスが売ったらなかなか買える水準ではないですからね。それじゃぁ、儲からないよ、という批判もあるかもしれませんが、スワップだけでも年利50%は軽く超えるのです。なにもリスクを取ってやることもないかぁ・・・と心変わりしてしまいました。
 
(2007/5/4)
 
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。