【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

買いの準備だけはしておきましょう

先日予想した通り、円は急落しました。ドル円は4,5円の下げ、ランド円に関しては、1円くらい下げましたので、そろそろ買いを入れ始めようかな、というところでした。ランド円の1円はドル円の10円にも相当するのでボラティリティとしてはかなり大きく、スィングがうまく嵌ればわりと大きな利益を取ることができます。

個人的な見解としてはまだ「ヤスイ!」という水準でもないと思っているので、指し値をいくつか入れ始めたところですが、作れたポジションはドル円で2万通貨、ランド円で10万通貨だけでした。もう少し下にも指し値入れてあるのですが、そこまでは達せずにすぐにまた円が売られてしまいました。

できれば、ここでランド円を一気に100万ランドくらい作っておきたかったのですが、なかなか目標の水準にはそうは来ませんね。

今後の展開ですが、難しいところです。円が売られましたが、自律的な反発であれば、またNY市場しだいで下げに転じる可能性もあります。そのときは15円台まで来る可能性も高いと考えています。ランド円も15円ミドルくらいなら買い安心感があると思います。

実際その値段が近くなってくると逆に恐怖心理というのが芽生えてくるもので買えないという方も多いと思いますが、相場は恐いところで買える人が勝つのは今も昔もあまり変わっていません。だから安心感の出たところで買うのが一番恐いんですけどね。

ちなみにランド円買うならマネーパートナーズFXがいいと思います。というのもこの会社スプレッドをナロー化したんですね。しかも手数料無料ですし、スワップもかなり業界でも最高水準のレートでついています。左に広告がありますが、口座持っていない方は良かったら作っておくと良いと思います。マネパは上場企業ですし、分別管理、信託保全やっていますので、まぁ安心でしょう。それとツール(Hyper Speed)の品質が相当良くなりました。チャートに関しても業界トップクラスのものが無料で使えますので、オススメです。

(2007/10/23)

下がらないかな・・・

8月に大きなポジションを失って、少しずつながら回復したポジションですが、現時点でも1000万円くらいの含み益が出てきました。

買っているポジションが安いところなので、スワップ稼ぎには売らずに持っていて安心なところです。売りたい気持ちもあるのですが、まぁほっておこうと思っています。

むしろどこかでポジションを増やす機会があればと思うのですが、今の水準ではとても買う気がしません。

しかし、今日ちょっと円が買われているようです。クロス円も軟調で株も下げていることからリスク回避の動きがまた再燃するかもしれません。

理屈はともかくこの下げは誰かがこれから仕込む切っ掛けになる可能性もあるだけに今後しばらくは相場の動きを注意してみておくと良いでしょう。

何かドルやクロス円を売るような材料が出てきたときが注意です。その材料の強弱もありますが、「○○が○○となったため円が買われた」などのように講釈付きのニュースが流れたりしますが、そんなものはどうでも良いのです。仕掛けようとしている筋はそうなるための切っ掛けを望んでいるのです。

先日のサブプライム問題での暴落でも結局は後講釈めいた噂が切っ掛けとなっています。要は売る切っ掛け、大きく仕込むにはなんらかの材料が必要なわけです。

そういった筋に飲まれてはいけません。人々が不安にかられた時に一気に売りをしかけると相場は大きく崩れます。仕掛けるには大きなボラティリティがあるほど儲けるチャンスが大きくなるわけですから、下げが不安を加速させるなら、彼らの思う壺なのです。

その流れには乗ってはいけません。急落したら、買いで望むことが良いと思います。

果たして、再び大きな急落が来るか、注意しておきましょう。

来なかったらごめんなさい。そこそこポジションを持っているスワップ派にはそれが一番良いのですが。

(2007/10/16)

トルコリラ好調です

相場は意外なくらい一本調子で円安に進み、対すべての通貨で円が売り続けられていますね。私も特に大した動きはしていませんが、それに伴って1日あたりのスワップも増えてきました。ランドも利上げにより10.5%の高金利になっています。

これでは当分身動きできないので、ブログに書く記事もあまりアクティブなものは思いつかないのですが、持っているポジションで非常に強い動きをしているトルコリラ円について自分の備忘変わりにちょっと記録しておきます。

エマージング通貨ということで、取引量も少ないですから、それなりにハイリスクハイリターンなのですが、政治的にも安定し、経済的にも高度成長が期待されていて、今後はEU加盟などのイベントもあるわけで、いままでのトルコとはちょっと違って見ておいた方が良いでしょう。

為替は現在98円台ですが、つい先日まで80円台中盤から後半ということろでしたから、一気に高値を更新してきました。これは相場が強いとみて良いかと思います。

トルコリラのもっとも恐い点は過去に発生していたハイパーインフレですが、2005年のデノミ以来比較的安定しており、今後あのようなインフレが再燃する可能性は低まりつつあると思います。

ひょっとすると近いうちに100円を超えてくるかもしれません。もし、相場が安定したのなら18%もの金利は魅力です。リスクとのトレードオフですが、金利の付き方は見ていて気持ち良いくらいです。

私は10万通かしか持っていませんが、それでも毎日4500円くらいのスワップがついています。つまりものすごい勢いで金利がついているのです。これはレバレッジ1倍で買ってもサラ金並みの利息がもらえるということで、私は4倍くらいで持っているので、暴利ともいうべき利息を誰にも迷惑をかけずに合法的にいただいていることになります。本当に恐ろしい通貨があるものです。

長い目で見ても強い通貨になると思いますが、それは相場ですからわかりません。またいつか大きなインフレが来ないとも限らないので、1年くらい持って元金を回収したらとりあえず証拠金を引き出して無リスクで長期保有してみようかな、と思っています。

今の水準はとても買えるようなレートではないのですが、買い場が来たときに口座がないとタイミングを逃すなど難しい面もあります。トルコリラを買いたい方は、また来るかもしれない急落に備えて口座を作っておくのも良いですよ。取引会社はFX-naviがオススメです。


(2007/10/14)

逆転の発想で相場に勝とう!

それにしてもすご勢いで相場は戻ってきましたね。8月の後半にはどこまで円が買われるのかと不安でドキドキな相場展開だったのも嘘のように一変して今度は元に戻しそうな勢いで円が売られています。

この方向性はスピードは速すぎるものの私の思ったとおりにものです。何度も言いますが、円が高くなって長くいられることは現在のファインダメンタルズでは考えられないのです。

そればかりではありません。円を買い持つということはサラ金に高利を払って相場をやっているようなもので円の買い手がいつまでも持っているという性質のものでもないのです。

だから、あのときの暴落は買いだったのです。恐怖心に打ち勝てれば買えたのです。

過ぎたことは仕方ありませんので、今後のことを考えてみましょう。

では今はどうなのか?相場環境は安心感が出ていますね。

私だったらここからクロス円を買っていく気はしません。もしかすると新値を更新していくかしれません。でも、こういうところで買うから暴落が来たらやられるのですよ。

暴落の時、恐くなってポジションを安いところで売ってしまった、それはやむを得ないかもしれません。しかし、このように相場が高値を更新しているときに買っていくのは危険なのです。

喉元過ぎれば熱さを忘れる、と言いますが、まさに今クロス円を買っている向きは安心感も出てイケイケになってきていないか、よーく胸に手を当てて考えてみてください。

安心感、これが一般投資家に蔓延してきたとき、相場はすでに危険水域にいることがよくあります。

今の相場は一方通行になります。崩れ始めると一気に行きますよ。

このまま円安トレンドは続くかもしれませんが、そうしたらそれはそれであきらめる忍耐を持ちましょう。まずは損をしないことが大事です。

いずれ必ず暴落がきます。そのときポジションを持っていた人が恐怖に震えているときに買いに出るのです。

忘れてはいけません。昔の人が語り継いでくれた言葉を

人の行く裏に道有り花の山

(2007/10/8)
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。