【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

買い持ちのポジションが値下がりしたとき(1)

相場ですから、買ったものは上がるか、下がるかしかありません。無計画に買うと(計画的だとしても^^;)、値下がりしてしまうこともあります。

そんなときどうするべきか?いろいろな視点から検討してみたいと思います。

今回はその1です。

【ロスカットをすべきか?】
小額の資金の場合は損を大きくしないためにもロスカットをしなければならないこともあります。勝率の高い立ち回りができる方なら、損をするときは小額に抑えて、勝てるときは大きく取るというやり方で良いでしょう。

しかし、私はロスカットを前提としての投資にはネガティブな意見を持っています。そもそも買いを入れる前に万一値下がりしても持ちこたえられる安心できるレバレッジで買っておくべきだと思っています。
売り買いはあまり頻繁にするのはコスト的な観点からよくないことだと思っています。株で言えば現物買い、FXで言えば低レバレッジで万一のときにでも対応できるようにしておくのが長期的には勝てる方法だと思っています。

だからといってレバレッジを1倍にして買うことは資金の無駄です。為替に倒産はありえませんので、2倍〜3倍で買っておけば充分なのです。仮に下がってもスワップ金利を稼げばいいし、長期で持つならいつかは報われます。恐怖に駆られて投げてしまう、これがもっともやってはいけないことではないでしょうか?また、買ったポジションがすぐに値上がりすることも多々あります。それが予想以上のペースであれば利食いしておけばいいのです。いくつかのポジションを持って行くなら、値下がり時は持ち続け、値上がり時は利食いで確実に儲けられるでしょう。

がこんなことをなぜ言い切るかというと長期的には円は安くなる方向にいくしかないと思っているからです。
NY株が暴落してドルが全面安になるぞ、なんてことが起こらないとも限りませんが、もし、そうなったとき、日本株はもっと影響を受けるでしょう。やはり、どう考えても将来は円安なんです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。