【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

買い持ちのポジションが値下がりしたとき(2)

【ナンピン】
値下がりしたときの対応としてナンピンという対応があります。120円でドルを買って、100円まで下がってしまったとき、同じ金額を買っておけば、買いコストは110円になるので、110円まで戻れば損はしないというロジックで、株を長期で持つ人はこんなことをやったりもします。

私に関してですが、ナンピンはある程度肯定派ですが、賢明な方策とも思っていません。ナンピンスカンピンという格言もあるくらいで、相場がさらに下がれば大けがのもとです。

ただし、私はあくまでも長期的な視野で買っていますので、仮にポジションが下がってしまっても良いように買っていますから、ナンピンと言うより買い増しという意味でいいと思っています。ポジションが増えるので、スワップ金利も多くもらえるようになりますし、なにしろ長期的には円安という信念がありますから

為替は下がったら資金的に問題がない限り買いでいいと思っています。NZDなんかは今70円でポジションも持っていますが、50円くらいにならないかと期待してもいます。ここまで下がって来たら全力投球するでしょうね。しかし、相場は期待に反して79円台(2006年10月現在)まで上昇してしまいました。含み益が相当出ていますが、この水準では買い増しはしたくないので、ホールドです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。