【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

スワップ金利が貯まってきたら

スワップ金利は毎日支払われて出金できるというシステムの会社決済時でないと引き出しはできない会社があります。例を上げると前者はセントラル短資、後者は外為どっとコムなどが有名です。

この大きな違いですが、税金面での違いがでてきます。個人の場合決済が行われ、損益が確定するまでは申告の対象とはならないのですが、スワップ金利の出金が可能な会社の場合はその年に支払われた金利は決済が行われなくとも申告の必要がでてきます。

もっとも雑収入ですから、20万円までは申告不要なんですが、FX(外国為替証拠金取引)のいいところは、そのくらいの金利はわりと簡単に稼げてしまうんですね。従ってセントラル短資で取引をしている場合なんかは年末までに稼いだスワップ金利を集計して、節税対策をしておくことも考えましょう。
もしその時点で含み損を抱えたポジションがあるならば、これを決済して差損を出してしまえば金利の利益と相殺できます。しかし、損切りをしてしまうわけですから、実質は損を確定しては意味がありませんね。

では、ここでよーく考えてみましょう。決済した時点の値段は買いではないのでしょうか?であればその値段で再度ポジションを建てることもひとつの案です。

前項でナンピンについて書きましたが、私だったら、こうなることを予期して、その年のどこかで急落したときの通貨ペアを買っておきます。そうすれば、高いところで買ってしまったものを手じまって、安いときに買っておいたポジションを持っていればいいのです。

たとえば、米ドル118円で買っていたとして110円割れたとき、ナンピンしておきます。年末近くまでもっていくらになっているか、ということもありますが、高く買っている方から手じまって金利と相殺します。安く買っている方は下がるとしてもそう大きくは下がらないでしょうから、そのままポジションとして取っておきます。安く買っているポジションはずっと安心して持っていられるので無理に売らなくてもよいでしょう。意外高となった場合は決済して利益を確定すればいいのではないでしょうか?

ただし、常勝で行けている方は利益の先送りになるので、その必要はないですが。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。