【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

FX(外国為替証拠金取引)のメリットはこんなにある!

レバレッジがコントロールできる

FX(外国為替証拠金取引)が外貨預金と異なる点のもっとも大きなものがレバレッジが使えることだと言って良いでしょう。レバレッジとは英語でテコの原理のことを表す言葉ですが、小さなお金で大きなお金を動かすことができるのです

一般に小さなお金で大きなお金を動かすと聞くと「それって借金じゃん、どうせ金利がかかって大変なんだろう」なんて思われるかもしれませんが、それがそうではないのです。日本円で他国の外貨を買うのであれば、金利はかかるどころかもらえてしまうのです。

しかも、外国の金利は日本とは比べものにならないくらい高金利が得られたりします。少ないお金で大きな金利がもらえてしまったりするのです。この金利のことをスワップ金利と呼びます。(後述)

さてそのレバレッジなんですが、どういうものかといいますと、投資家は取引会社に保証金を預けます。この保証金の額に従ってその何倍までの取引ができるということが業者ごとに規定があります。

例えば、レバレッジ10倍までと規定している会社では10万円預けた場合100万円までの買い物ができるということです。具体的には1ドルが115円だとしたら、1万米ドルが115,000円で買えてしまうってことです。すごくないですか?これでもらえる金利もちゃんと1万米ドル分がもらえるんですよ。 レバレッジについては各社いろいろと規定がありまして、10倍〜20倍程度までとしている会社が多いようですが、200倍などのように相当高いレバレッジを使える会社もあるようです。ただし高いレバレッジはリスクも高くなります(後述)ので、おすすめできるものではありません。

★金利が大きい★

上記レバレッジの項目で説明しましたようにレバレッジが使えると言うことは、投資額に対して高利回りの運用ができるということになります。例えば下記の例を見てください。

1万米ドルを115円でレバレッジ10倍で購入⇒必要な保証金は115,000円スワップ金利が1万ドルあたり150円もらえるとする⇒年間の金利収入は54,750円

1万米ドルをレバレッジ10倍で購入した場合ですが、実に年利46%にもなります。これがFXのすごいところなんです。仮にリスクを抑えるために保証金を2倍にしてレバレッジ5倍で購入したとしても、年利23%にもなるわけです。

低金利の日本で他にこんなに有利な金融商品があるでしょうか。法外とも思われるような金利が何の苦労もしなくとも自動的に入ってきてしまうのです。

ただ注意はあります。スワップ金利がもらえるのは低金利通貨で高金利通貨を買った場合です。その反対に高金利通貨で低金利通貨を買ったらどうなるか、と言いますと、その場合は金利を支払うようになります。 つまりスワップ金利とは通貨同士の金利差から発生するものだと覚えておいてください。従ってドルを買った場合は高い金利がもらえますが、ドルを売りから入った場合は日本円を買うことになるわけですから、高い金利を払わなければなりません。FX(外国為替証拠金取引)は相手国の通貨を持っていなくとも売りから入ることが可能ですが、高金利の通貨を売ると言うことは金利面でも大きな負担ですので、注意が必要です。

余談ですが、ヤミ金とかありますよね。多重債務者相手に法外な利息を取って恐い取り立てを行うあれなんですが。彼らはそんなことに貸すお金があったらFXで運用すれば世の中平和になるんじゃないか・・・とか思うんですよ。何も貸し倒れリスクを負って、取り立ての人件費払って、そんな危ない仕事しなくても合法的で有利な投資対象があるのに・・・ダメなんですかね。

★手数料が安い、もしくは無料★
FX(外国為替証拠金取引)は手数料も安いです。業者によっていろいろですが、FXならどんなに高くてもせいぜい往復20銭くらいだと思います。外貨預金では往復2円くらいはかかってしまいますから、その差は10倍にもなります。実際FXの手数料は10銭とか5銭とか無料という業者もごろごろあるくらいです。この差は大きいですよ。

外貨預金の広告に金利5%なんて広告があったりしますが、よく見かけますよね。でもあの金利を額面通りに受け止めてはダメなんです。1年ものの外貨預金で年間5万円の利息がもらえたところで、手数料で2万円もかかってしまうのであれば、意味がありません。FXなら1万米ドル買うのに手数料は高くても1000円程度ですよ。この差は大きいですよ。

★満期がない★

FX(外国為替証拠金取引)には満期がありません。これが外貨預金と較べて圧倒的に優位な点と言っても良いでしょう。外貨預金をされたことある方は気づいていると思いますが、外貨預金は満期があってその時点で円高になっていたら、もらえていた金利も全部パー、または赤字になってしまうことも多々ありますよね。

しかし、FX(外国為替証拠金取引)なら大丈夫、円高になって評価損が出てしまったら、もとの相場に戻るまでいつまでも持っていて良いのです。これなら精神的にも安心していられます。外貨預金を持っていて満期近くになって円高だったら、「外貨預金なんてしなければ良かった」なんて思ったりもするでしょう。その点FX(外国為替証拠金取引)なら心のゆとりが持てるのです。

★深夜でもインターネットで取引できる★

外国為替市場は土日などの休日以外は常に世界のどこかで動いていて眠らない市場とも言われています。ですから、深夜だろうが早朝だろうが24時間いつでも売買ができます。基本的にはインターネットでのオンライン取引ですから、情報ツールもニュースもたくさん入ってきますので、充実した環境で取引ができます。夜遅く会社から帰宅してちょっと売買なんてこともできるわけで、深夜族にとってはうれしいマーケットです。ところで取引は電話でっていう方もいるかもしれませんが、それは非常用としてはいいのですが、あまりおすすめしません。ネット取引ならたいてい画面に表示された金額で売買ができます。スリッページ(出来値が言い値と違ってずれた値段になってしまうこと)もほとんど発生しませんし、売値、買値が明確に表示されているので安心です。

★通貨は倒産しない★

当たり前と言えば当たり前ですが、国ごとすべてが吹っ飛ぶような戦争でもないかぎり通貨の価値は0になることはまず考えられません。

株だったらその銘柄の会社が倒産でもすれば株券は紙くずになってしまいますが、通貨はいつまでも持っていることができます。一般に我々が売買する通貨は先進国の通貨であって危ない国の通貨には投資しない方がいいでしょう。その点だけを気にしていれば破綻リスクは限りなく0に近いと言っていいでしょう。ボラティリティが高い(値動きの範囲が大きい)通貨であっても最大下がってどれだけくらいだとか、ある程度予測がつきますし、スワップ金利狙いの投資をする場合は最悪を想定したレバレッジで取引をすれば恐いことはありません。仮に現在70円のニュージーランドドルを購入して3年後に45円になってしまったとしても半分にもなっていないのです。最悪を0円と想定しなくともすむのはうれしいメリットです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。