【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

何を指標にするか

資金は限られている場合はただ買えばいいってものでもないですね。資金が豊富にあってレバレッジ1〜2倍で買えるようなお金持ちであれば、ただ買って持っているだけでもいいのですが、多くの方はそこまで到達していないでしょう。やはり、レバレッジについては慎重になる必要があります。いまは自分の力量の範囲で無理のない量を扱って、時間をかけて資金を増やしていきましょう。
各国通貨はひとことでは需要・供給のバランスで複雑に動いているわけですが、買い材料が出たから「買い」売り材料がでたから「売り」なんて動くほど相場はあまくありません。これは株の世界でも商品の世界でもすべて一緒ですね。材料が出たということはすべてが公になったというわけですから、すべての投資家にとって中立な情報となっただけなわけです。買い材料が出たため材料出尽くしとなって相場が反落することは非常によくあることです。材料が予想と比較してどれだけのギャップがあるか、いわゆるサプライズかなんですが、その材料がどれだけの期間継続する効果のあるものか見極める必要があります。

例えば、日銀が公定歩合を上げたとしましょう。これは円の買い材料と判断できれば確かに買いなのですが、話はそう単純ではありません。それが利上げの最初の段階であれば買いでしょうし、利上げ打ち止めを示唆するものであれば逆に売りとなるでしょう。金利がどう動いていくかは誰にもわかりません。投資家たちがどうなるであろうと予測した多数決の票が相場に反映されると考えられます。現状の日本経済は好調と報告されていますが、国の借金は800兆円を越えて破綻寸前だと言われています。もし、公定歩合が上がったら、どうなるか?ある程度の水準までは円高も考えられますが、むしろ日本の金利上昇は国家破綻へのシグナルになると考えることもできなくもありません。それをどう判断するか、ちょっとギャンブルっぽいですね。そうなんです。「材料」は買いと読む思惑から売りと読む思惑までいくつかのシナリオを書くことができるからなのです。相場がどちらへ動くかを情報から読み取るのは大変なことなのです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。