【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

様々なテクニカル指標

テクニカル分析と言ってもいろいろなチャートがあって、どれを使ったらよいかは迷うところです。どれもそれなりの論理的な裏付けがあるわけですが、一般的にメジャーで値動きにうまくはまるような指標を利用しましょう。これらの指標は短期の売買でも有効ですが、長期投資だからといって無視してはいけません。FX(外国為替証拠金取引)では数円の違いが大きく損益に影響します。預金替わりに外貨を買う場合でも、テクニカルを利用し、相場が陰の極にあるとき買っておくことは特に重要です。テクニカル指標は短期、長期にかかわらず利用するようにしましょう。

スワップ金利の関係で売りはコストリスクが高いので売りから入ることは危険です。経験の浅い方は基本的に買いから入りましょう。また短期勝負を小資金で行く場合は、大けがしないようにストップロスを1〜2円程度に設定しておいた方がいいでしょう。(なお、短期の売買は私の方針とは異なります)

買いタイミングですが、相場が下げ基調のときに入るとそのくらいのストップロスはすぐに巻き込まれてしまいますので、そのような場合逆張りは危険です。しかし、順張りでは高値づかみの可能性もあるのです。そう考えると短期売買は危険がいっぱいなのです。できるだけ長期でも立ち回れるような心構えで戦略をたてるのが賢明でしょう。

このあとの記事では、よく利用される主な指標をご紹介致します。

※チャートのサンプル画像は外為どっとコムさんのチャートツールを引用させていただきました。ここのチャートは使いやすく高機能なのでお奨めです。外為ドットコムさん勝手に引用してすみません。ちゃんと取引してますので許してください。m(__)m


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。