【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

信用リスクは必ずチェック!

FX(外国為替証拠金取引)の取引のため預けた貴方の大切なお金は取引会社が破綻した場合どうなってしまうのか?FX(外国為替証拠金取引)は預金保険の対象になっていないので、会社がなんの対策もしていなかった場合は貴方のもとへは戻らなくなってしまう可能性があります。

そこで必ずチェックしておきたいのは、会社の財務基盤信託保全のふたつです。
まず、財務的な健全性の指標のひとつとして、自己資本規制比率というのがあって、現在の法律ではこれが120%を下回ると営業できなくなるということ。各会社のホームページなどで公表している(らしい?)ので確認しておくとよいでしょう。どこに表示しているかわからない会社の場合は実際に電話をして聞いてみるとか、チェックが必要と思います。これで言葉を濁すような会社はあやしいと思ってもしかたないですよね。

次に信託保全、お客から預かったお金は分別保管されるのは義務づけられていますが、やはりきちんと信託保全されている会社を選びましょう。そんな中でもっとも優れた信託保全を行っていると思われるのは、セントラル短資かな、と思います。セントラル短資では即日信託保全というシステムをやっていて、他社に較べてかなり安心感があります。また、この会社の自己資本規制比率ですが、400%を超えているということで、歴史も古い会社なので、さらに安心感があります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。