【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

株より有利なFX(外国為替証拠金取引)2

バブルの崩壊とともに私は株から足を洗い、しばらく休んでおりましたが、昨年あたりから少しずつ株の方も買い始めました。しかし、これが一向に儲からないんですね。そればかりかライブドアショックの後遺症で株が暴落して以来、含み損を抱えるようになってしまいました。当時の相場観はまったく通用しなかったというよりも、相場観は失っていましたね。

ある日、ネットサーフィンしていたとき、FXという言葉が目に入りました。外国為替証拠金取引という言葉は以前から聞いていましたが、名前を聞いただけで、為替の信用取引なのかな?と思って危険だと思っていました。しかし、何気に調べてみるとこれがなかなかの優れものであるということを知りました。初心者の方もいると思いますので、当サイトでもFX(外国為替証拠金取引)の基礎的な知識を掲載しておきましたが、まさにその通りなんです。

この衝撃は忘れられないものでした。いままでの私の相場に対する意識を一変させましたね。
「信用取引=コスト負け」のイメージを持っていた自分には、FX(外国為替証拠金取引)というシステムがどれだけ画期的なものに映ったか、そのインパクトはすごかったです。その最たる要因は「少ない資金で大きな運用ができるのに金利は払うどころか、もらえる!!しかも高金利 」

証拠金取引に対する先入観は吹っ飛び新たな価値観が芽生えたときでした。
いままではらっていた取引コストが最大の弱点だったわけですから、逆にもらえるなら自分にとって負けようのない世界に見えたのです。

為替は相場なので、上がったり下がったりもしますが、レバレッジをうまくコントロールすれば、買いコストなどスワップ金利が帳消しにしてくれます。そればかりでなく長期的視野でずっと買い持ちしたまま金利だけ受け取ってもいいなんて、なんというアドバンテージでしょう。

仮に長期で持つことになったとしても、通貨は倒産しません。二束三文のボロ株に成り下がることもない。レバレッジを高くしなければ非常に安全な投資対象です。

このとき私の人生は変わった(たぶん)と思います。今からもう一度お金持ちを目指そうと思いました。株もいまだにやめてはいませんが、メインは為替でいこうと思ったときでした。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。