【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

取引コストは重要です

取引コストがなければ、相場で5勝5敗なら普通負けないでしょう。相場は上がるか下がるかしかないのですから、デタラメに買ったとしても長期的にはプラマイゼロという位置に収束するのではないかと思われます。

しかし、取引コストがあるから買ったときと同じ値段で売ったのでは手数料などの取引コスト分負けなのです。かつて株をやっていた頃は身にしみてわかりました。当時株の手数料は往復で3%近くでしたから、1000円の株を買った場合は1030円以上で売らないと儲からないわけです。1割の儲けで売った場合は100円のうちの30円が取引コストということです。

これは1000万円の利益が出た場合は300万円は消えていたということでした。私が株で大きな利益をあげたのはすべて長期投資です。200円台で買った株が1000円を超えたときとか、いわゆる大化け株を当てたときです。さすがに800円の利ざやをとれば20円の取引コストなら微々たるものです。

これは手数料が安くなり有価証券取引税が撤廃された現在でも同じですが、当時と今では格段に有利さで違います。今は投資家にとっても格段に環境は良くなったと思います。(ただし株の儲かる環境が良くなったということではありませんよ)

しかし、FX(外国為替証拠金取引)はそれを解消できるすごいメリットがあるわけです。私が利用する取引会社は手数料が5銭程度の会社が標準としていますが、これは1万ドル当たりの500円ということです。仮に米ドルを買って持つ場合往復手数料とスプレッド(売りと買いの値段の差)をスワップ金利で埋めるためには10日間持てば取引コストがペイできてしまうと言うことです。

差益を狙う場合は通貨にもよりますが、10日は持っておけば売り買いの値段の差が利益と考えられます。わかりやすいですね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。