【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

買うタイミングと水準

株価は会社毎にそれぞれいろんな動き方をするので、大化けもあれば倒産もあります。株価が10分の1になることだって時々あるわけです。

為替は大化けは期待できませんが、倒産もなく、ある程度のレンジで動くので通貨ごとのくせやサイクルを研究しておけば、かなり容易に対策を立てることができます。長期的には円はどう考えても円安方向に進むとしか思えませんので、ドルの歴史的な安値である80円割れという水準までの円高はまず考えられません。(絶対ということはないですよ)

個人的には100円を割って円高になっていくことは考えにくく、リスク管理としては80円までを見ておけば充分持ちこたえられると思っています。この水準はレバレッジ3倍というところですから、金利生活に必要なドルを買うために必要なお金は2500万円というところだと思います。資金に余裕のある人はこれだけ買ってほったらかしという作戦もいいでしょう。

しかし、どうせなら効率よく行きたいでしょう。相場は大きな山と谷が何年かごとに発生し、その中でも上下動が発生します。米ドルの動きは下が80円として上は140円くらいと考えられますが、年間での値動きは上下20円と行ったところでしょう。これを参考に2006年の相場を見てみると2005年12月の高値から徐々に値を下げ、5月に108円の安値を付けました。108円で一度底を打っているので、この水準で買いたいところですが、なかなか底値を買うのは難しいものです。でも120円で高値を付けたのが明白である以上、120円で買うよりも115円で買うよりも110円以下で買う方がいいわけです。

値動きは高値をつけた後の動きを見ておきましょう。そこで高値から10円くらい落ちたところを狙ったらどうでしょう。なぜなら1年の間にはそれくらいの値動きはあるからです。それが120円のときはなぜかその時点でポジションを作りたくなったりしますよね。でもダメです。我慢して我慢して目標値に来たときだけ買うようにしておくと後が楽です。
「どうせ長く持つんだから」と言っても高値では買わなくて良いのです。待っていれば必ず何かの通貨ペアが買い場を提供してくれます。安く買っておけば意外な吹き値があったとき利食いもできるし、利喰ってからまた買い場を待てば、必ず買い場は訪れるのです。

オセアニア通貨も今後2,3年あるいはもっと長いスパンで見れば、絶好の買い場が来るような気がしています。さて、どうなりますか?NZD円が50円どころまで来たら全力で買ってもいいかなと思っています。そしたら500万円の資金で100万ドルくらい行けちゃうかもです!その後の出口戦略は当然考えてますよ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。