【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

ランド円のスィングトレード

ランド円はスワップ狙いのほったらかし作戦も良いですが、スィングトレードに向いていて、それにはコツがあると考えています。

スイングトレードということはデイトレードではなく中長期狙いでもないわけです。

ランドの値動きですが、他の通貨よりもドラスティックに動きます。上げるときも下げるときもです。そして手数料が1万ランドあたり50円と激安で済む(セントラル短資の場合)ので、ほとんど無視しても良い水準です。これは値動きにして1銭あれば十分です。

ただし、スプレッドが大きいのですね。(セントラル短資の場合で6銭)これは他の通貨の60銭にも相当するわけですから、とても大きな額と言えるでしょう。

が、それでも値動きがそれに見合っただけありますから、ディーリングでのさや取りも可能なわけです。何しろ1日で20銭動くなんて珍しくありません。先日はたった2,3日で1円以上動いたりしましたから。

さて、そう考えると20銭で7銭のコストではちょっと率からして良いとは言えないので、最低でも30銭以上場合によっては1円近い値動きを狙いましょう。

比較的短期で狙うので、指標はオシレータ系の指標を使うと良いでしょう。できればMACDなどトレンド系の指標を組み合わせると良いです。しかし、それを言っていては売買できないという場合も多々あります。私は指標を見た上で、値幅で見ています。

もっとも狙い目は50銭以上の急落です。こんなのは日常茶飯事なのでそういうときを見て買い出動します。さらに下がったらまた少し買うという感じで買い下がります。だいたい大きめな下げがあって3日下げたら、そこは買い場です。とりあえずリバウンド狙いで買っておいて良いでしょう。

もし、はずれだった場合はホールドでいいです。どうせスワップが大きいのですから、持っているだけで高利回りなのです。

大抵、大きな下げが入ったら後で大きな上げ(それがリバウンドであるにせよ)があります。だいたい跳ね返って50銭くらい、あるいはそれ以上を見ても良いでしょう。

このようなランド円の特徴をしっておくと相場観で、とれるようになります。

私はFXはスワップ狙いが基本としているので、無理はしません。もし、うまく行かない場合はさらに下を買う努力をし、資金的に厳しくなったら(無理な高レバレッジは避けるようにしております)あきらめて戻り待ちをします。その間たくさんのスワップがつくので楽しみの方向転換をすればいいのです。

ポジションは小分け的に持ちます。そして上がってきたら一番上のポジションを売って利益確定をします。

私は1回のポジションで50万か30万程度のポジションを扱います。これは30銭抜いて、10万前後です。ただ、年間のうちには何度もチャンスがありますから、うまくやれば100万くらいの利益なら現実的です。

ただ、私は積極的には売買を行いません。安いときに持ったポジションは高額なスワップを安全に稼いでくれるお宝ポジションだからです。

スワップ稼ぎをしながら、うまくすればスイングでもとれると言った自信のあるときだけの利幅狙いという程度です。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。