【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

NZDはトレーリングが良いか?

キウィが私的史上最高値に迫ってきました。ちなみに私的史上最高値とは私がFXを知ってからの高値でだいたい88円程度です。(笑)

ニュージーランドドルは70年代の半ばには400円以上もしていた時代があったみたいですね。そのときの資料がないのでよくわかりませんが、日本が国際的に急成長したからなのか、ニュージーランドでインフレが発生していて貨幣価値が下がってしまったのか、なんなんでしょうね?詳しい方ぜひ教えてくださいね。

さて、そのキウィですが、この水準になってくると相当な含み益が出ています。

で、考えるのが利食い売りですね。キウィだけ全部売れば600万以上の利益が出そうです。

しかし、悲しいこともあります。ポジションがなくなる以上はもうスワップが入ってこなくなってしまうわけです。

売った場合はそれなりの税金がかかってしまうのは確実ですので、さぁどうするか、というところです。今含み損が出ているポジションは0なので、相殺もできません。

しかし、2年分のスワップは確保できているはずなので、売ってしまうのが正統な作戦なんですね。

でも、もしかすると歴史的な高値(私的にですが)が見られる可能性もあります。売るとすれば、やはりトレーリングでしょうね。

88円で5万、89円で5万、90円で5万・・・・と少しずつ外していこうか、今そんなこと考えています。

いずれにしろNZDはかなりいいところに来ていると思います。目先まだ上がるかもしれませんが、いつか急落し、それも10円以上クラスの大暴落になる可能性があると思います。

円キャリーのターゲットとされている通貨なので、下げが始まったら解消売りなどで早いでしょうね。2005年の高値から約半年で20円も下げていますが、キウイってそういう通貨なんじゃないかなと思っています。

下値不安についてはオージーの方が堅そうですね。やはり、石油や金、その他数多くの資源を持つオーストラリアは、今後の世界的なコモディティの受給逼迫から堅調に推移するでしょう。


とにかく、今はジレンマです。

●ワザとしては、ここで売るのが筋。

●もし売ったら2度と今の買値でのポジションは作れなくなってしまう可能性がある。スワップが入ってこなくなる。

一般の方は前者を選択でいいと思います。私はほったらかしでかせぐお宝ポジションはずっと持っていたいだけですから。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。