【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

円高

ここのところの円高で、含み益が数百万円飛びました。どうせ売らないつもりでいたので、含み益がいくら消えてもそれほど気にはしていませんが、わずかな円高でも2,300万はすぐに飛んでしまうので、あまり急落が大きくなると証拠金の追加を考えないといけません。

先日、証拠金を抜いた後だけに、ちょっと目が離せなくなってきました。現在持っているポジションの合計が1億4000万円弱といったところですが、入れている証拠金は500万円にも満たない水準です。いかに含み益が大きく乗っていたかということですね。

一時含み益が2000万円を軽く超えていたのですが、先日の急落の底値付近ではあっという間に1000万円くらい吹っ飛んだでしょうか。今少し反発してきて、現在1400万円くらいといったところです。

とりあえずこれまでに入れた証拠金を全部抜くのが目標でしたが、しばらくはやめることにします。

とは言ってもこの突っ込み局面は、「買い」と考えています。ランド円が17円を突破した時点から20万ランドずつ買い下がり、40万ランドのポジションを増やしました。もう少し買いたかったのですが、もうこれ以上は買えないかもしれません。

今回は、ドル安に伴ってクロス円すべてが売られましたが、これまで買われすぎだったと考えています。どこかで悪材料が表面化すると、これまで買ってきた向きが一斉に投げてきますので、相場は理屈を無視して売られすぎるわけです。

売られすぎたら買う、これが基本です。今まで相場をやっていてこのような局面で買いの種をまいておけばほとんど大きく儲かっています。今回もいっしょと考えます。

日本の経済はまぁ好調ですが、諸外国と比較してそれほど強いとも思えませんし、内外金利差の問題はしばらく解消はありえないでしょう。まだまだ円キャリーは続くでしょう。

クロス円の高値つかみは危険ですが、突っ込みは買いは強く推奨できます。現在の戻しは自律反発かもしれませんので、すぐに買いを入れるのは危険です。短期トレードは別として、中長期で持つならもう少し下がったところを買い下がる勇気を持ちましょう。

(2007/8/3)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。