【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

相場観を養うためには

ここのところ方向感のない展開で、上は重いし、下も買いが入るような状況です。

一時の恐怖は当面薄らいできましたが、そんなときでも「あなたが今どんな心理状態でいるか」は常に記憶に刻みつけておきましょう。

現在の相場環境では、資金さえあればそろそろ買ってみようかな、と思う方もいるでしょう。しかし、1ヶ月前の今頃はどんな心理状態でしたか?

FXは恐い、こんなものに手を出さなければ良かった、そう思ったとしたら、そのときの相場環境と心理状態は良く覚えておいてください。人間喉元過ぎれば熱さを忘れるものです。あのときの教訓は絶対に忘れてはならないのです。

また、暴落の少し前、皆が強気になっているとき、あなたはどんな心理状態でしたか?他のブログでも掲示板でも新たにポジションを作った人の話や、FX商材がなんでもバカ売れしていたときです。あなたも強気ではなかったですか?

しかし、皆が強気になっているとき相場はそろそろ危険水域に達していることが多いものです。ポンドやオセアニア通貨をその頃買っていた人は特に相場が危険な位置に達していたことに気づいていない人も多かったのではないでしょうか?

私はオセアニア通貨は今でも高いと思っています。このまま高金利が続いて好景気も続くというものではありません。対円のレートをここ何年か見ていただければわかるようにオセアニア通貨は何年も一貫して上げ続けています。今後も円安の傾向は続くかもしれませんが、同じ調子で今後5年も上がり続けると考えたら危険です。

確かに円は弱い、オセアニアは高金利です。しかし、ものには限度があるということを忘れてはいけません。

オセアニア通貨を高値で買ってしまった人はそのときの心理状態をよく思い出してください。比較的無防備状態で買っていませんでしたか?
そして暴落後、何を思ったでしょうか?どこまで下がるのか、という恐怖を感じませんでしたか?

だいたい人々は高値圏で強気になり、安値圏で弱気になるものです。しかし、相場で勝つにはその逆の心理状態を保てる人が勝てるのです。

安く買って高く売る、このようなシンプルな論理がわかっているのに実行できないのはなぜでしょう?それは心理が相場にながされているからです。人と同じことをしていたら勝てないのが相場の世界です。

人が大量に売り物を出してくれたら喜んで買いを入れる。それができる人が勝てるのです。

相場が上がって楽観ムードが漂うようになると思うものです。先の暴落での安値で買っていたらなぁ・・・、なんて。

では、そのときの心理状態はどうでしたか?とても買える状況ではなかったのでは?だからこそ、その時点の心理状態を覚えておくことは大事なのです。

多くの人は相場が上がるとあとでそのように思うはずなのですから。

(2007/9/18)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。