【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

逆転の発想で相場に勝とう!

それにしてもすご勢いで相場は戻ってきましたね。8月の後半にはどこまで円が買われるのかと不安でドキドキな相場展開だったのも嘘のように一変して今度は元に戻しそうな勢いで円が売られています。

この方向性はスピードは速すぎるものの私の思ったとおりにものです。何度も言いますが、円が高くなって長くいられることは現在のファインダメンタルズでは考えられないのです。

そればかりではありません。円を買い持つということはサラ金に高利を払って相場をやっているようなもので円の買い手がいつまでも持っているという性質のものでもないのです。

だから、あのときの暴落は買いだったのです。恐怖心に打ち勝てれば買えたのです。

過ぎたことは仕方ありませんので、今後のことを考えてみましょう。

では今はどうなのか?相場環境は安心感が出ていますね。

私だったらここからクロス円を買っていく気はしません。もしかすると新値を更新していくかしれません。でも、こういうところで買うから暴落が来たらやられるのですよ。

暴落の時、恐くなってポジションを安いところで売ってしまった、それはやむを得ないかもしれません。しかし、このように相場が高値を更新しているときに買っていくのは危険なのです。

喉元過ぎれば熱さを忘れる、と言いますが、まさに今クロス円を買っている向きは安心感も出てイケイケになってきていないか、よーく胸に手を当てて考えてみてください。

安心感、これが一般投資家に蔓延してきたとき、相場はすでに危険水域にいることがよくあります。

今の相場は一方通行になります。崩れ始めると一気に行きますよ。

このまま円安トレンドは続くかもしれませんが、そうしたらそれはそれであきらめる忍耐を持ちましょう。まずは損をしないことが大事です。

いずれ必ず暴落がきます。そのときポジションを持っていた人が恐怖に震えているときに買いに出るのです。

忘れてはいけません。昔の人が語り継いでくれた言葉を

人の行く裏に道有り花の山

(2007/10/8)
この記事へのコメント
私は今ノーボジですがとてもじゃないが今クロス円を買う気はしません 相場を見ながら短期売りならしてみたい気もしますが 確かに年に2 3回は必ず暴落てありますね 相場はいつもそこにあるんだから焦らないで行きたいです
Posted by なのこ at 2007年10月08日 22:45
なのこさん、いつもコメントありがとうございます。
その通りですね。年に2、3回の暴落は必ずありますね。8月のような強烈な暴落はなかなかそう何度も来ないかもしれませんが、円が高いままでいるはずがない、という背景を知っていれば暴落時に買える心理状態が養えるんですね。円は高くなるにも限度がありますから。
Posted by 管理人 at 2007年10月08日 23:12
ああ〜 良い記事だなあ またもや読ませていただきました(笑) そう 私の夢はもう少しお金を貯めて 今度暴落が来たらたっぷり買い占め管理人さんみたいにスワップ金利で優雅に生活することです お金たまるのにまだ時間が必要なんでいつまででも待てます
Posted by なのこ at 2007年10月11日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59655673
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。