【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

トルコリラ好調です

相場は意外なくらい一本調子で円安に進み、対すべての通貨で円が売り続けられていますね。私も特に大した動きはしていませんが、それに伴って1日あたりのスワップも増えてきました。ランドも利上げにより10.5%の高金利になっています。

これでは当分身動きできないので、ブログに書く記事もあまりアクティブなものは思いつかないのですが、持っているポジションで非常に強い動きをしているトルコリラ円について自分の備忘変わりにちょっと記録しておきます。

エマージング通貨ということで、取引量も少ないですから、それなりにハイリスクハイリターンなのですが、政治的にも安定し、経済的にも高度成長が期待されていて、今後はEU加盟などのイベントもあるわけで、いままでのトルコとはちょっと違って見ておいた方が良いでしょう。

為替は現在98円台ですが、つい先日まで80円台中盤から後半ということろでしたから、一気に高値を更新してきました。これは相場が強いとみて良いかと思います。

トルコリラのもっとも恐い点は過去に発生していたハイパーインフレですが、2005年のデノミ以来比較的安定しており、今後あのようなインフレが再燃する可能性は低まりつつあると思います。

ひょっとすると近いうちに100円を超えてくるかもしれません。もし、相場が安定したのなら18%もの金利は魅力です。リスクとのトレードオフですが、金利の付き方は見ていて気持ち良いくらいです。

私は10万通かしか持っていませんが、それでも毎日4500円くらいのスワップがついています。つまりものすごい勢いで金利がついているのです。これはレバレッジ1倍で買ってもサラ金並みの利息がもらえるということで、私は4倍くらいで持っているので、暴利ともいうべき利息を誰にも迷惑をかけずに合法的にいただいていることになります。本当に恐ろしい通貨があるものです。

長い目で見ても強い通貨になると思いますが、それは相場ですからわかりません。またいつか大きなインフレが来ないとも限らないので、1年くらい持って元金を回収したらとりあえず証拠金を引き出して無リスクで長期保有してみようかな、と思っています。

今の水準はとても買えるようなレートではないのですが、買い場が来たときに口座がないとタイミングを逃すなど難しい面もあります。トルコリラを買いたい方は、また来るかもしれない急落に備えて口座を作っておくのも良いですよ。取引会社はFX-naviがオススメです。


(2007/10/14)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60659606
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。