【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

効果的な買い下がり方法

ここのところの円高局面で断続的な買い下がりを実行した結果、20万ランドずつ3回で計60万ランドのポジションを増やすことができました。

さて、私がやっている買い下がり方ですが、とても効果的な方法なので覚えておくと良いでしょう。ただし誰にでも効果があるというわけではなく、すでに今年ある程度の利益が出ているか、今後年内に出る予定の方に効果があります。

そのやり方ですが、外為どっとコムのトレード口座(手数料無料の方です)を使います。


外為どっとコムにはもうひとつNEXTという口座があって長期的にポジションを持ちやすい口座があるのですが、そちらは手数料もかかりますし、トレード口座ならポジションの自動的な入替ができるので、私の方法には便利なのです。

やり方は簡単です。自分で用意した資金(証拠金)の範囲で3つ程度の価格帯に分けてポジションを持つと言うことです。

簡単に例を挙げて言えばわかりやすいので、私がやった方法をそのまま書いておきます。

私は今回の円高で最大で60万ランドポジションを追加しようと思っていました。そして資金を100万円用意しました。17円より下から30pips下がるたびに20万ランド追加購入していく計画です。

17円を突破したあたりを最初の買いポイントとして16.98円で20万ランド買いました。
  ↓
さらに円高になったので、16.68円でさらに20万ランド買いました。
  ↓
また、昨日円高が進み、16.38円でさらに20万ランド買いました。

以上で60万ランドになりました。

しかし、これ以上ポジションを増やす予定はありませんが、さらに円高になったら20万ランドずつ買い下がっていきます。そうすると、もう一段下でポジションが持てた場合、一番高いところで買ったポジションは自動的にロスカットとなります。

このようにして、さらに円高が進んだら、どんどん下を買い下がりますが、それに伴って自動的に上のポジションはロスカットになるので、60万ランドというポジションは維持できます

この方法のメリットは何か?というと計画的にポジションを作れて一定額のスワップ獲得を維持できます。

つまり、

■円高が進んでも常に同じポジションを維持できる。(一定のスワップを維持できる)

■円高が進めばロスカットされた分は損失となるためこれまでの利益が相殺され、税額が減額できる。

■下の方で買えたポジションは相場上昇時に大きな含み益を持つことになり、安心感が増える。

■下の方で買えたポジションはロスカットされなにくいポジションになるので永続的にスワップを獲得できる。


ということになります。

資金が少ない方や、今年の利益の少ない方(節税対策にならない方)にはメリットは少ないでしょうが、指し値をいれておくだけで自動的にポジションが維持されるシステムが簡単にできますので、ぜひお試しください。
外為どっとコムのトレード口座はぜひ作っておきましょう。


※外為どっとコムのトレード口座は、証拠金の量にかかわらず、買いを入れた時点の値段でロスカットレベルが自動的に決まってしまい、スワップの獲得で維持率が改善もしませんし、その値段になったら問答無用でロスカットされるというシステムを利用したものです。また、トレード口座は手数料無料ですが、スワップはNEXT口座より1pips安いだけですので、それほど大きな影響は受けません。

NZDはトレーリングが良いか?

キウィが私的史上最高値に迫ってきました。ちなみに私的史上最高値とは私がFXを知ってからの高値でだいたい88円程度です。(笑)

ニュージーランドドルは70年代の半ばには400円以上もしていた時代があったみたいですね。そのときの資料がないのでよくわかりませんが、日本が国際的に急成長したからなのか、ニュージーランドでインフレが発生していて貨幣価値が下がってしまったのか、なんなんでしょうね?詳しい方ぜひ教えてくださいね。

さて、そのキウィですが、この水準になってくると相当な含み益が出ています。

で、考えるのが利食い売りですね。キウィだけ全部売れば600万以上の利益が出そうです。

しかし、悲しいこともあります。ポジションがなくなる以上はもうスワップが入ってこなくなってしまうわけです。

売った場合はそれなりの税金がかかってしまうのは確実ですので、さぁどうするか、というところです。今含み損が出ているポジションは0なので、相殺もできません。

しかし、2年分のスワップは確保できているはずなので、売ってしまうのが正統な作戦なんですね。

でも、もしかすると歴史的な高値(私的にですが)が見られる可能性もあります。売るとすれば、やはりトレーリングでしょうね。

88円で5万、89円で5万、90円で5万・・・・と少しずつ外していこうか、今そんなこと考えています。

いずれにしろNZDはかなりいいところに来ていると思います。目先まだ上がるかもしれませんが、いつか急落し、それも10円以上クラスの大暴落になる可能性があると思います。

円キャリーのターゲットとされている通貨なので、下げが始まったら解消売りなどで早いでしょうね。2005年の高値から約半年で20円も下げていますが、キウイってそういう通貨なんじゃないかなと思っています。

下値不安についてはオージーの方が堅そうですね。やはり、石油や金、その他数多くの資源を持つオーストラリアは、今後の世界的なコモディティの受給逼迫から堅調に推移するでしょう。


とにかく、今はジレンマです。

●ワザとしては、ここで売るのが筋。

●もし売ったら2度と今の買値でのポジションは作れなくなってしまう可能性がある。スワップが入ってこなくなる。

一般の方は前者を選択でいいと思います。私はほったらかしでかせぐお宝ポジションはずっと持っていたいだけですから。



ランド円のスィングトレード

ランド円はスワップ狙いのほったらかし作戦も良いですが、スィングトレードに向いていて、それにはコツがあると考えています。

スイングトレードということはデイトレードではなく中長期狙いでもないわけです。

ランドの値動きですが、他の通貨よりもドラスティックに動きます。上げるときも下げるときもです。そして手数料が1万ランドあたり50円と激安で済む(セントラル短資の場合)ので、ほとんど無視しても良い水準です。これは値動きにして1銭あれば十分です。

ただし、スプレッドが大きいのですね。(セントラル短資の場合で6銭)これは他の通貨の60銭にも相当するわけですから、とても大きな額と言えるでしょう。

が、それでも値動きがそれに見合っただけありますから、ディーリングでのさや取りも可能なわけです。何しろ1日で20銭動くなんて珍しくありません。先日はたった2,3日で1円以上動いたりしましたから。

さて、そう考えると20銭で7銭のコストではちょっと率からして良いとは言えないので、最低でも30銭以上場合によっては1円近い値動きを狙いましょう。

比較的短期で狙うので、指標はオシレータ系の指標を使うと良いでしょう。できればMACDなどトレンド系の指標を組み合わせると良いです。しかし、それを言っていては売買できないという場合も多々あります。私は指標を見た上で、値幅で見ています。

もっとも狙い目は50銭以上の急落です。こんなのは日常茶飯事なのでそういうときを見て買い出動します。さらに下がったらまた少し買うという感じで買い下がります。だいたい大きめな下げがあって3日下げたら、そこは買い場です。とりあえずリバウンド狙いで買っておいて良いでしょう。

もし、はずれだった場合はホールドでいいです。どうせスワップが大きいのですから、持っているだけで高利回りなのです。

大抵、大きな下げが入ったら後で大きな上げ(それがリバウンドであるにせよ)があります。だいたい跳ね返って50銭くらい、あるいはそれ以上を見ても良いでしょう。

このようなランド円の特徴をしっておくと相場観で、とれるようになります。

私はFXはスワップ狙いが基本としているので、無理はしません。もし、うまく行かない場合はさらに下を買う努力をし、資金的に厳しくなったら(無理な高レバレッジは避けるようにしております)あきらめて戻り待ちをします。その間たくさんのスワップがつくので楽しみの方向転換をすればいいのです。

ポジションは小分け的に持ちます。そして上がってきたら一番上のポジションを売って利益確定をします。

私は1回のポジションで50万か30万程度のポジションを扱います。これは30銭抜いて、10万前後です。ただ、年間のうちには何度もチャンスがありますから、うまくやれば100万くらいの利益なら現実的です。

ただ、私は積極的には売買を行いません。安いときに持ったポジションは高額なスワップを安全に稼いでくれるお宝ポジションだからです。

スワップ稼ぎをしながら、うまくすればスイングでもとれると言った自信のあるときだけの利幅狙いという程度です。

節税のテクニック3

次に取引所系(くりっく365)の会社を利用した節税方法です。税率が20%一律というのはどの程度のレベルなのでしょうか?よく考えてみましょう。

これはその人の年収と控除額によっていろいろあるので一概には言えないのですが、課税所得金額が330万円以下なら国税は10%です。その他住民税が8%くらいでしょうか。また年収に応じた健康保険税とかも考慮すると、20%という税率は一般のサラリーマンでも結構いってしまうものです。基礎控除と扶養控除、保険料控除、医療費控除で100万円くらいは控除があるにしても年収500万円くらいあるのであれば、20%というのは微妙な線でないでしょうか?
であれば、ある程度の金額を一般のFX会社で取引して、その他は取引所系のFX会社を利用するという対応がいいように思います。
年収が多い人はすべて取引所系でやってもいいのですが、取引所系の会社は通貨ペアのバリエーションが少なく、私のようにランド円などが好きな人間にはちょっと寂しいところです。とは言え、ドル円、ユーロ円、ニュージーランドドル円、豪ドル円など主な通貨ペアは扱っているので一般には問題はありません。

さて、税金面ですが、もし、年間で1000万とか儲けてしまったら、大変な税率となってしまいます。それがくりっく365であれば、どんなに儲けても20%なんですよね。また、損失を出した場合は3年間繰り越しまでできるというわけで、所得の高い人には願ってもない制度です。というよりも一般のFX取引が繰り越しできなかったりすることが不利なだけなんですけどね。

ただし、この制度を利用した節税にはひとつ注意があります。それは指定したポジションを決済できないのです。買い持ちしているポジションを決済するとそれまで持っている古いポジションから先入れ先出しの形式で決済されてしまうのです。これでは、思った通りの作戦がたてられません。

ではどうしたらいいか?取引所系のFX会社を複数用意して、口座を開設しておくのです。
そして、各会社別に買い持ちのポジションを買値別にわけて持つのです
米ドルの場合で説明しますと、例えば、A社では100円近辺のポジションを持つ、B社では105円近辺のポジションを持つ、C社では110円近辺のポジションを持つというように価格帯別に取引する会社をわけておけば、決済したいときにはどの会社のポジションから手を付ければ良いかで検討してから、決済すればいいのです。

すでにある程度の損失を出してしまっている場合は利益の多いポジションを決済することにより、損益の通算により税額を減らすことができます。一定時期に同じような価格帯のポジションを持っているとこれがうまくできませんが、取引会社が違っていればそれに合わせた決済をすればいいのですから。

節税のテクニック2

今回はまず、非取引所系のFX会社を利用した場合の節税対策を考えてみます。その前に大前提として、非取引所系の業者を利用してあげた利益はその年の貴方の年収と合算して課税される(損失の場合は他の所得と通算できませんので注意)ため、年収の多い人は、税率が高くなることを念頭においておく必要があります。

一般のFX会社(非取引所系)においてはやはり2種類にわけて考えておく必要があります。

@スワップ金利が毎日口座に入金され、利益として確定したものとなる会社

Aスワップ金利は蓄積されるが口座には入金されず決済時に売買損益と合算して口座に入金される会社


前者@を利用してスワップ金利を受け取っている場合は、ポジションを決済しなくとも金利分が20万円を超えれば申告しなければなりません。
一方後者Aの場合は、決済をしない限りそのポジションに発生したスワップ金利は損益として確定していないので申告の必要がありません。

この属性を利用するといろいろとバリエーションが考えられますが、比較的安い水準で作った買いポジションについては無理に決済せずに年収の多くなりそうな年にはスワップ狙いに徹した方が良いでしょう。

また、建玉の少ない場合は@の会社での買いポジションを年間スワップが20万円以下になるようにすることで税金を払わずにすみます。

Aの場合ですが、水準的に安いところで購入したポジションは何年も売らないつもりでもつなら相当なスワップ金利が蓄積されるはずですが、決済しない限り税金は発生しません。将来なんらかの事情で年収が減ってしまったときや、失業、病気になったときなど来るべきときの保険として持つポジションと考えておくのも良いでしょう。そんな年に決済すれば税率も少なくてすみます。

もちろん、益金が相当でてしまった場合はうれしい悲鳴ですので、しかたないです。税率が大きくならない程度にポジションをこまめにわけて決済すると良いでしょう。
ただし、注意しておきたいのは、買いポジションを作るときはそんなときのためにいくつかにわけて作ることが良いです。分けておいたポジションなら必要分だけ決済できますが、まとめて買ってしまうとわけて決済ということができなくなる場合があるため(取引会社によって違いますので確認してください)、なくなく税金を支払うはめになったりします。

節税のテクニック1

節税のテクニックとして、スワップが貯まったら値下がりしているポジションを一度決済して利益を相殺してしまう、というものがありますが、これは初歩の初歩、前回ご紹介したとおりです。

その他にも節税の知恵はいくつかあります。相場はどう動くかわかりません。そこでいろいろなポジションは分けて作っておくことにしましょう。そして重要なことがあります。それは【取引会社をいくつかにわけて口座を開き、タイプの違うポジションをいくつか作っておく】ことなんです。

では、どんなFX会社の口座を作っておけばいいのでしょうか?それは種類別にわけて考える必要があります。

まず、大きくわけてFXの会社は次の2つがあります。

○取引所為替証拠金取引

○非取引所為替証拠金取引


前者は通称「くりっく365」と言われ、取引所が取引の相手方になります。従ってFX会社はその仲介的な役割を担うだけですので、業者の破綻によるリスクを負うことがないので安全です。税金についても優遇があり、他の商品や株式先物などの損益と通算ができます。税率はいくら稼いでも一律20%ですので、ある程度の年収のある人にはかなり有利になります。

後者は一般のFX業者です。通貨ペアの豊富さやシステムの独自性などバラエティがあっておもしろいですが、大儲けしてしまうと超過累進税率が適用されてしまうので、大変な税額を納税しなければならないこともあります。ただし、年間の利益が20万円以下であれば確定申告の必要はありません。
これらの属性を理解した上で、節税のバリエーションはかなりいろいろと考えられます。

続く・・・

スワップ金利が貯まってきたら

スワップ金利は毎日支払われて出金できるというシステムの会社決済時でないと引き出しはできない会社があります。例を上げると前者はセントラル短資、後者は外為どっとコムなどが有名です。

この大きな違いですが、税金面での違いがでてきます。個人の場合決済が行われ、損益が確定するまでは申告の対象とはならないのですが、スワップ金利の出金が可能な会社の場合はその年に支払われた金利は決済が行われなくとも申告の必要がでてきます。

もっとも雑収入ですから、20万円までは申告不要なんですが、FX(外国為替証拠金取引)のいいところは、そのくらいの金利はわりと簡単に稼げてしまうんですね。従ってセントラル短資で取引をしている場合なんかは年末までに稼いだスワップ金利を集計して、節税対策をしておくことも考えましょう。
もしその時点で含み損を抱えたポジションがあるならば、これを決済して差損を出してしまえば金利の利益と相殺できます。しかし、損切りをしてしまうわけですから、実質は損を確定しては意味がありませんね。

では、ここでよーく考えてみましょう。決済した時点の値段は買いではないのでしょうか?であればその値段で再度ポジションを建てることもひとつの案です。

前項でナンピンについて書きましたが、私だったら、こうなることを予期して、その年のどこかで急落したときの通貨ペアを買っておきます。そうすれば、高いところで買ってしまったものを手じまって、安いときに買っておいたポジションを持っていればいいのです。

たとえば、米ドル118円で買っていたとして110円割れたとき、ナンピンしておきます。年末近くまでもっていくらになっているか、ということもありますが、高く買っている方から手じまって金利と相殺します。安く買っている方は下がるとしてもそう大きくは下がらないでしょうから、そのままポジションとして取っておきます。安く買っているポジションはずっと安心して持っていられるので無理に売らなくてもよいでしょう。意外高となった場合は決済して利益を確定すればいいのではないでしょうか?

ただし、常勝で行けている方は利益の先送りになるので、その必要はないですが。

買い持ちのポジションが値下がりしたとき(2)

【ナンピン】
値下がりしたときの対応としてナンピンという対応があります。120円でドルを買って、100円まで下がってしまったとき、同じ金額を買っておけば、買いコストは110円になるので、110円まで戻れば損はしないというロジックで、株を長期で持つ人はこんなことをやったりもします。

私に関してですが、ナンピンはある程度肯定派ですが、賢明な方策とも思っていません。ナンピンスカンピンという格言もあるくらいで、相場がさらに下がれば大けがのもとです。

ただし、私はあくまでも長期的な視野で買っていますので、仮にポジションが下がってしまっても良いように買っていますから、ナンピンと言うより買い増しという意味でいいと思っています。ポジションが増えるので、スワップ金利も多くもらえるようになりますし、なにしろ長期的には円安という信念がありますから

為替は下がったら資金的に問題がない限り買いでいいと思っています。NZDなんかは今70円でポジションも持っていますが、50円くらいにならないかと期待してもいます。ここまで下がって来たら全力投球するでしょうね。しかし、相場は期待に反して79円台(2006年10月現在)まで上昇してしまいました。含み益が相当出ていますが、この水準では買い増しはしたくないので、ホールドです。

買い持ちのポジションが値下がりしたとき(1)

相場ですから、買ったものは上がるか、下がるかしかありません。無計画に買うと(計画的だとしても^^;)、値下がりしてしまうこともあります。

そんなときどうするべきか?いろいろな視点から検討してみたいと思います。

今回はその1です。

【ロスカットをすべきか?】
小額の資金の場合は損を大きくしないためにもロスカットをしなければならないこともあります。勝率の高い立ち回りができる方なら、損をするときは小額に抑えて、勝てるときは大きく取るというやり方で良いでしょう。

しかし、私はロスカットを前提としての投資にはネガティブな意見を持っています。そもそも買いを入れる前に万一値下がりしても持ちこたえられる安心できるレバレッジで買っておくべきだと思っています。
売り買いはあまり頻繁にするのはコスト的な観点からよくないことだと思っています。株で言えば現物買い、FXで言えば低レバレッジで万一のときにでも対応できるようにしておくのが長期的には勝てる方法だと思っています。

だからといってレバレッジを1倍にして買うことは資金の無駄です。為替に倒産はありえませんので、2倍〜3倍で買っておけば充分なのです。仮に下がってもスワップ金利を稼げばいいし、長期で持つならいつかは報われます。恐怖に駆られて投げてしまう、これがもっともやってはいけないことではないでしょうか?また、買ったポジションがすぐに値上がりすることも多々あります。それが予想以上のペースであれば利食いしておけばいいのです。いくつかのポジションを持って行くなら、値下がり時は持ち続け、値上がり時は利食いで確実に儲けられるでしょう。

がこんなことをなぜ言い切るかというと長期的には円は安くなる方向にいくしかないと思っているからです。
NY株が暴落してドルが全面安になるぞ、なんてことが起こらないとも限りませんが、もし、そうなったとき、日本株はもっと影響を受けるでしょう。やはり、どう考えても将来は円安なんです。
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。