【現在の私のFXポジション】

NZDドル:20万ドル
南アフリカランド:310万ランド

1日当たり受取スワップ金利:15,000円
(1日で稼ぐ不労所得額)

1日当たりのスワップ金利は生活可能レベルになっていますが、最近国内事情に問題のあるランド円の比率が高いのがリスク要因です。ポジションは減らしましたが、うまくリスク管理して長く継続したいと考えております。
(2008年6月現在)

人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。
 

手数料無料の優良会社

当サイトではFXの差益狙いの頻繁な売買はお奨めしていないのですが、ある程度のポイントを押さえたスイングトレードは有効と考えております。

やはりトレードをするということは多少なりともコストはかかりますので、手数料は安いに超したことはありません。

でも、どんなに手数料が安くてもスプレッドが高かったり、会社の基盤が脆弱では大事なお金を預けるのも心配ですよね。

そんな方には三貴商事のFX24がお奨めです。会社としての歴史も古く、経営体質もしっかりしており、かつ手数料無料でやっています。

しかもスプレッドも米ドルで4銭と極めて安いです。さらにさらに証拠金の信託保全など万一会社が破綻した場合でも資金が戻って来るという安全性もうれしいです。

通貨ペアも18種類といろいろ選べて、ホームページの情報も充実しています。

この会社の口座はぜひ作っておきましょう。
ここです⇒取扱通貨全て0円!三貴商事FX24




◆取引所系の会社(くりっく365)

実は取引所系の会社はどこを選んでも基本システムは同じ、スワップ金利も一本値、通貨ペアの種類も同じですので、差別化される部分と言えば手数料とサービス、ツールなどということになります。各社キャンペーンで豪華賞品がもらえたりする企画を行っておりますが、基本は手数料の安いところを選んでおくべきだと思います。ただ、取引ツールや情報などで多少違いがありますので、そのへんも勘案するか複数の口座を作っておくのもよいでしょう。少なくとも下記の2社の口座は作っておきましょう。

スター為替
親会社は持ち株方式のスターホールディングスという会社で、ヘラクレス上場企業であることから、それなりの社会的信用があること、業績がきちっと公開されていることなど安心感があります。取引ツールや情報では際だったものがあるわけではないですが、手数料210円(デイトレの場合決済時は105円)などコスト面での有利さは見逃せません。この会社の口座は必ず作っておきましょう。

インヴァスト証券

この会社も手数料の安さ(300円)がひとつのポイントです。スターアセット証券ほどではないものの手数料半額や手数料88円などのキャンペーンを長いことやっているので、実質的に業界有数の低コストで取引できます。この調子ですと、キャンペーンの延長や値下げ対応などで、ずっと安い手数料で取引できるかも・・・。取引ツールとしてはe-profitというソフトが無料で利用でき、なかなかの高機能です。このツールでとれる情報はかなりのものですので、口座開設は必ずしておきましょう。

○その他の取引所系会社

取引所系の会社はどこでも基本的は同じ、しかし、建玉は先入れ先出し方式で決済され、指定決済ができません。そこで、ポジションを作ったときの値段の位置により複数の会社にポジションをわけて作っておくと決済のときのバリエーションを作ることができます。上記2社は必須として必要に応じ、コスモ証券ネットレFXばんせい証券などの会社にも口座を作っておくと良いでしょう。コスモ証券は株で取引をしている方には馴染みが深く上場企業の安心感、手数料も安いです。ばんせい証券は私も取引がありますが、結構良い会社です。営業さんとよく話をしますが、いろいろと教えられますよ。

◆口座開設しておきたい非取引所系の会社

非取引所系の会社は通貨ペアや金利、サービス、手数料、情報、その他いろいろとバラエティが多く、どれを選んで良いか迷うかもしれません。私の経験からやはり資産保全の安全性とスワップ金利の高さは重要視した方がいいと思っております。もうひとつのポイントですが、スワップ金利が決済前に入金される会社と入金されない会社は必ず1社以上ずつ口座を作っておくことです。そこで最低作っておくべき口座として下記の2社を作っておきましょう。また興味があれば別の会社ももう少し作っておいても良いと思います。

セントラル短資オンライントレード

この会社は歴史も古く財務基盤もしっかりしていて安心感があります。しかも証拠金の即日信託保全を行っており、安全性は極めて高いと言えるでしょう。自分の虎の子のお金を長期間預けておくならばこの会社ならまず大丈夫でしょう。また、スワップ金利も他社に較べて高めにつきますので、長期的な取引に向いています。システム的にも徐々に良くなってきており、情報量、使い易さともに充実してきています。ちなみに私好みのランド円なども扱っており、通貨ペアの豊富さもうれしいところです。なお、スワップ金利は決済前に入金され引き出すことが可能です。

外為どっとコム

この会社は現在FX専業として口座開設数No1だそうで、馴染みの深い方も多いと思います。信託保全の体勢など安全面でも充実しており、スワップ金利も高いので、長期のポジションを持つにも有利です。この会社の一番の売りは豊富な取引ツールと情報の充実度ではないかと思います。特に通貨取引のタイミングつかみにチャートは必須だと思いますが、同社のチャートは非常に見やすく高機能で、私にとっては必需品でもあります。他社と取引していてもこの会社の口座はかならず作っておいた方が良いでしょう。なお、スワップ金利は決済前に入金されず引き出すことはできません。

○その他の非取引所系会社

取引口座は複数あった方が、あとあと便利することがあります。その他の口座をつくるなら、スワップポイント・マーケット情報・信託保全・手数料・信頼性などバランスの取れた上田ハーロー当たりはお奨めです。その他、取引ツールの秀逸なオリックスFX、サイバーエージェント系の外貨ex、信頼性の高い森レポートが読めるトレイダーズ証券伊藤忠グループのFXプライム、など、どれも信託保全がきちんとされており、システム的にも良い会社です。興味があればこれらの口座も作っておくとよいでしょう。

FXの取引はこの会社を選べ!

FXはどこの会社と取引すればいいのか?安全で手数料や取引コストが安く、システムが安定していて、情報やツールが充実、スワップ金利も高い。などいろいろ比較すべきことはあり、人それぞれ条件が違うかもしれませんが、ここでは私の独断と偏見で最良の選択を考えてみます。特にFXが初めての方はこの会社選びだけはしっかりやっておきましょう。儲かったときの税金対策などで大きな違いが出てきてしまいます。

まず、儲かったときの税金面のことも考えて、取引所系(くりっく365)の会社を最低2社非取引所系の会社も最低2社のと用意しておいた方がいいでしょう。

特に年収の多い方は儲ければ儲けるほど税率が高くなって大変ですので、どんなに儲けても税率は20%のくりっく365の会社も選んでおきましょう。そして何社の口座を開設すべきかですが、これは多いに越したことはありません。口座開設したすべての会社と取引する必要はないのですが、実際に使ってみて使いやすく条件的にも良いものを絞っていけばよいのです。私の経験からですが、気になる会社はとりあえず口座を作り、実際に取引したり、システムをいじってみたりして、良い会社は取引を続けるという姿勢で良いと思います。

さて、その会社ですが、このあとで最低限口座を作っておいて損はない会社をご紹介します。ぜひこれらの会社の口座は作っておきましょう。
人気ブログランキング
↑よろしければ1日1回クリックお願いします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。